白蟻のすむ本棚

仲間大会参戦記録

【剣盾S35使用構築】初心者式初手ダイマ【最終622位/1803】

 SV発売を目前にして剣盾へのモチベーションが異常に高くなっているシロアリです。今回、剣盾の最終シーズンであるシーズン35にて、ある種の結実ともいえる成果を上げることができたので、構築記事という形にして自分を褒めていきたいと思います。

使用PT

 

コンセプト

 ・テンポをとって上から殴り勝つ

 ・あまり選出で迷わない構築にする

考察経緯

 練度の問題で、サイクル構築を練り上げられる自信がなかったため、対面構築を組むことを考えていた。最強ポケモンのザシアンと襷枠、ダイマ枠の三体選出が環境上1番パワーのある対面構築だと考えた。HSザシアンを使えという天啓が降ってきたため、陽気の耐久振りザシアンを構築の1体目に採用した。

 マーシャドーを持っていないという単純な理由から、襷枠には黒バドレックスを採用した。

 この二体は物理イベルタルに壊滅させられてしまうので、環境に多い特化珠の物理イベルに対面殴り勝て、後続として出てきた場合にも大きな削りを入れられる岩雪崩持ちの最速珠イベルタルダイマエースとして採用した。

 

〜ここから迷走〜

 当初は、チョッキカイオーガ、弱点保険ルギア、達人の帯アイアントを使用していた。三体ともダイマエースとして優秀だが、グラードンディアルガ、ジガルデの初手麻痺展開が辛く、ステロまで撒かれてしまうと黒バドやマーシャドーで全抜きされてしまうことが多かったのがネックだった。

 アイアントの代わりにラムエースバーンを採用した構築で中盤は潜っていた。ナックル→ジェットでAS襷ジガルデを飛ばせ、ナックルナックルでヨプディアルガを突破できることが気持ちよくて長い期間この構築を使っていたが、ディアルガが初手ダイマだった場合やカイオーガ初手だった場合に出オチする試合が多数あった上、初手置きのジガルデにも耐久振りが見られるようになってきたため、最終日には構築を変更することにした。

 最終日前日、先ほど挙げた初手の麻痺撒きを誘い殺すことができたら強いのではないかと考え、珠ディアルガにも打ち合え、カイオーガにも弱くないパルキアをラムの実で採用することにした。ルギアはステロ呼びに構築に残すとしても、カイオーガと共存させる必要はないと考え、ザシバドが呼ぶメタモンマーシャドーに強いゴツメHBランドロスを採用してランクマをした。

 最終日、ザシバドメタモンに対する@2の選出パターンを学校で考えていた。どのパターンでも運要素が絡み、これでは勝率を保つことは難しいと考え、ランドロスの枠を変更することにした。詳しいことは個別解説に書くが、グラードンを採用することにし、これで最終の並びを確定した。

 

 

個別解説

ザシアン@朽ちた剣

不撓の剣 199(252)-190-135-×-153(140)-201(116)

巨獣斬 戯れ付く 噛み砕く 電光石火

 HD-珠特化イベルタルのダイバーン15/16耐え S-最速130族抜き

 

 選出率1位の最強の犬。相手の切り返しダイマのストッパーであり、非ダイマ対面駒一体目。Aは無振りだが大して火力不足感は無かった。ナットレイが選出されることがほぼなく、抜きエースのような役割は期待してなかったため、技構成はこれで良かったように感じる。抜かれたらほぼ最速ザシアンだと思い、「Sラインを上げたとしても同速負けしてたしな」と考えて精神衛生を保っていた。実際、最終日はザシアンに抜かれている試合が1試合しかなかったので、ほぼ環境最速のザシアンだったと思う。ルナアーラにイージーウィンしたり、ラス1残飯ルギアのBを下げて無理やり突破したり、噛み砕くのおかげで拾えた試合も数戦あった。

 

バドレックス@気合の襷

人馬一体 175-×-100-217(252)-121(4)-222(252)

アストラルビット サイコショック マッドショット 鬼火

 

 普通のバドレックス。正直アスビとマドショ以外打たなかったが、どうしてもダイマを切らなければいけなかった場合にダイホロウとシナジーのあるサイコショックとザシアンと合わせて物理イベルを見れる鬼火を採用した。怖い顔や悪巧みを入れても良かったかもしれない。恐らく選出率は2位。たまに初手投げした。

 

イベルタル@命の珠

ダークオーラ 201-183(252)-116(4)-×-118-166(252)

鬱憤晴らし 空を飛ぶ 岩雪崩 鋼の翼

 

 最速最強のダイマイベルタル。物理で採用した理由はミラーやカイオーガに強く出られるようにするため。ジェット+ロック+石火でほとんどのイベルタルは倒せる。破壊力が凄まじく、初手に出し勝った試合はほぼ勝つことができた。悪技はザシアンやゼクロムに強いイカサマが良かったかもしれない。3試合ぐらい非ダイマで選出した。

 

パルキア@ラムの実

プレッシャー 165-×-121(4)-202(252)-140-167(252)

亜空切断 ハイドロポンプ 大地の力 破壊光線

 

 今期のMVP。初手のジガルデ、ディアルガグラードンを無傷で突破して何度もイージーウィンを拾った。ディアルガが初手ダイマだった場合も相打ち以上にでき、高い素早さから2体目にも大きな負荷を与えられる。そのほかにも、雨ドロポンがルギアに半分以上入ることから後出しルギアを読んで倒したり、コスパダイナを亜空切断で粉砕したりと獅子奮迅の大活躍だった。最終戦では、ランドイベルネクロをすごく気持ちよく3縦してくれた。相手のザシアンが戯れを切っていることが多かったのもあって、個人的には初手ダイマカイオーガより環境に刺さっているように感じた。

 

ルギア@弱点保険

マルチスケイル 182(4)-×-150-142(252)-174-178(252)

エアスラッシュ 大地の力 瞑想 自己再生

 

 ほぼ見せポケで、選出率は最下位だが、出した試合はちゃんと活躍した。

 

グラードン@イバンの実

日照り 196(164)-170-160-×-134(188)-143(156)

地震 地均し シャドークロー 堪える

 HB-特化ザシアンの巨獣斬+電光石火確定耐え

 HD-無補正C252黒バドレックスの+1アスビ確定耐え S-地均し後最速マーシャドー抜き

 

 非ダイマの詰め駒。ザシアンマーシャドーゼクロムに強く、バドやザシアンのサポートもできる。スカーフオーガのSを下げて勝ちを拾う試合もあって、想定通りの活躍をしてくれた。調整は帰り道にダメ計を回して作った即席のものだったので、もっといい調整があったかもしれない。Sを150まで伸ばしたら黒バド抜けるし。ベストシーンは何か剣舞積んできたザシアンを地均し地震で突破した後マーシャドーも倒して2縦したシーン。自分が考えた調整のポケモンが活躍すると嬉しい。

 

基本選出

(oror)+(oror)×2

これだけ!

起点作成役の選出が濃厚だったらパルキア優先、ホウオウナットはイベルタル優先。

マーシャドー入りにはグラードン投げたい。

ネクロ入りの場合、初手ザシアンを投げて釣って展開するのが強かったりする。

 

結果・感想

 最終622位&初の最終1800オーバーでした!剣盾最後のシーズンに芳しい結果を残すことができて嬉しいです。勝手にですが、いわゆる「対戦勢」に一歩足を踏み入れることができたように感じています。SVになって人口は増えるでしょうが、新作でもランクマッチは最終三桁を目指してのんびり頑張っていこうと思います。

 目下の課題は構築作りです。11月中に作らなければいけない構築が少なくとも5つ……。報告に足る構築を作れるように努力します!

 

 対戦相手の皆さん、これを読みにきてくれた方々、最終日に応援してくれた人、全員への感謝をもってこの構築紹介は締めさせて頂きます。ありがとうございました。